楽天経済圏になりポイントを大量獲得!ちょっとしたコツを紹介

日常生活で出来るだけ楽天が提供するサービスを利用し
ポイントを貯める事を『楽天経済圏』と言います。


生活スタイルを変えずにサービスを楽天に集約するとポイントが大量に貯まっていきます。

楽天のサービスは下記の通りです。

目次
スポンサーリンク

楽天市場 サービス利用でSPUがポイントUP!


・楽天会員登録 ➕1倍
・楽天カード(年会費無料)➕2倍
(内訳 楽天カード利用ポイント1倍『通常ポイント』・1倍期間限定ポイント)
・楽天プレミアムカード ➕2倍
・楽天市場アプリからのお買い物 ➕0.5倍
・楽天でんき ➕0.5倍・楽天ひかり ➕1倍
・楽天銀行+楽天カード引き落としにする。 ➕1倍
・楽天証券
1500円以上購入、1ポイント以上利用、楽天ポイントコース設定 1
※楽天証券ポイントコースにすると対象外です。
・楽天kobo 一度に1,000円以上購入 ➕0.5倍
・楽天pasha
トクダネを月内に申請 100ポイント以上獲得する。 ➕0.5
・楽天保険+楽天カード支払い ➕1倍
・楽天モバイル ➕1倍
・楽天トラベル 月1回5,000円以上利用 ➕1倍
・楽天ブックス 月1回1,000円以上購入 ➕1倍
・楽天ビューティー 月3,000円以上利用 ➕1倍
・楽天ファッション 月1回アプリで購入 ➕0.5倍
・楽天TV・NBA Rakuten ➕1倍


なかなか制覇するという事は難しいですが無理のない範囲内で利用してポイントアップを狙いましょう。



さらにキャンペーンの時期が狙い目!

イベント時期が狙い目!

お買い物する時期は 『0と5のつく日』や『お買い物マラソン』などの
イベント時期がポイントが増えやすいのでその時期に合わせてお買い物をする。

楽天経済圏のメリット

・楽天サービスを使う事で楽天市場のポイント倍率が上がる。
・楽天ポイントで支払っても楽天ポイントが貯まります。

楽天ポイントの種類

楽天のポイントは2種類あります。

『通常ポイント』   最後にポイントを獲得してから1年間有効
『期間限定ポイント』 有効期限や使えるサービスが限られる

貯めて使える。便利でお得な楽天スーパーポイントで楽しさアップ!
楽天市場では楽天ポイントを使わない方いい理由

楽天ポイントが貯まったら楽天市場でポイント払いをせず楽天カード支払いに使う事をおすすめします。
なぜなら全額ポイントを使って支払うのはSPUキャンペーンの恩恵が受けられなくなります。

使う場合は楽天市場でお買い物→楽天カード払いにする→毎月のカードの引き落とし額が確定する
12日から20日までの間に楽天ポイント支払いする事をおすすめします。

楽天カードアプリでポイント払いをする手順

楽天カードアプリをタップ

画面左にある
ポイント支払い』をタップ

ご利用ポイント数
利用するポイントを入力

確認画面』をタップ

決定ボタン』をタップ

ポイント支払いサービス 
『受付が完了いたしました。』の画面になる。

お疲れ様でした。
これでポイント支払いが完了です。



会員ランクによってポイントの上限があります。


1回で使用できるポイントの上限ダイヤモンド会員50〜50万ポイント
ダイヤモンド会員以外50〜3万ポイント
1ヶ月で利用できるポイント上限ダイヤモンド会員50万ポイントまで
ダイヤモンド会員以外10万ポイントまで

細かい制約があり慣れるまで大変ですが、
『楽天経済圏』になると多くのポイントが獲得できるので
楽天ユーザーであれば賢くポイントを得て利用したいですよね。

こちらをクリックして設定変更。この入力は公開ページで反映されません。

よかったらシェアしてね!
目次